カブトムシを販売しているお店の選び方と購入するときの注意点を解説

夏を代表する虫といえば、カブトムシ。

子供にねだられ、あなたもカブトムシを飼おうと考えているかもしれません。

そこで問題になるのが、カブトムシの入手先です。

カブトムシは、昆虫を扱っているホームセンターやペットショップなどの実店舗、またはネットショップで買うことができます。

カブトムシを買うときは、体力を消耗していない個体を選び、なるべく早くカブトムシの飼育ケースに入れることがポイントです。

このページでは、カブトムシを販売しているお店の選び方と購入するときの注意点を解説します。

カブトムシを販売しているお店の選び方をまとめてみた

まず、カブトムシを販売しているお店をみていきましょう。

お店は、大きく分けて2通りあります。

カブトムシを販売しているお店

・ホームセンターやペットショップ、道の駅などの実店舗

・昆虫を扱っているネットショップ

多くのホームセンターやペットショップでは、毎年夏になるとカブトムシの成虫が商品として並びます。

具体的には、7月中旬から8月下旬が販売の目安です。

タイミングによっては、道の駅でもカブトムシを売っているのを見かけることがありますね。

実店舗なら、カブトムシを実際に見て選ぶことができます

一方、ネットショップでは、カブトムシの成虫だけでなく、幼虫も販売しています。

成虫は6中旬〜9月上旬、幼虫は7月から翌年5月中旬が販売の目安です。

ネットショップでは、突然変異である白やピンクの目をしたホワイトアイ、ピンクアイ、外国産のカブトムシ・クワガタも売っていますよ。

ネットショップなら、ほぼ一年中、お店に行かなくてもカブトムシを手に入れられます

カブトムシを実際に見て選びたい人は、実店舗に出向くのがおすすめです。

カブトムシの販売店が近くにない人や手っ取り早く手に入れたい人、幼虫や珍しい種類のものを欲しい人はネットショップを利用すると良いですね。

カブトムシの値段の相場は、ペアで1,000円前後

では、カブトムシは、いくらぐらいで買えるのでしょうか。

成虫・幼虫の値段の相場は、次のとおりです。

成虫のペア 1組1,000円前後
成虫のオス 1匹700円前後
成虫のメス 1匹300円前後
幼虫1匹130~500円

カブトムシの値段は、実店舗・ネットショップの形態によらず、お店ごとに異なります。

ただ、ネットショップの場合は、送料がかかる場合があることを頭に入れておいて下さい。

なお、幼虫は、複数匹をまとめて購入するほど1匹あたりの価格が安くなります。

また、幼虫の場合、性別を分けずに販売しているショップが多いです。オスとメスがそれぞれ何匹かは、後のお楽しみ、ですね。

カブトムシの成虫の値段はペアで1,000円ほど、幼虫の場合は1匹あたり最安130円ほどと考えておきましょう。

カブトムシを購入するときの3つの注意点

ここからは、僕の経験を踏まえて、カブトムシを買うときの注意点を解説していきます。

元気なカブトムシを手に入れるため、購入するときは次のことに注意して下さい。

実店舗でカブトムシを購入するときの注意点

実店舗でカブトムシを購入するときの注意点は、次の3つです。

実店舗でカブトムシを購入するときの注意点

・活きの良いカブトムシを選ぼう

・個別のケースに入ったカブトムシを選ぼう

・購入後は寄り道せずに自宅へ運ぼう

カブトムシを買うときは、活きの良い個体を選んで下さい。

「昆虫ゼリーをしっかり食べている」「体にキズや欠けているところがない」「転んでもすぐに立ち上がれる」といった点が、活きの良いカブトムシの目安です。

また、カブトムシは、1匹ずつ、またはオス・メスのペアごとにケースに入れて販売しているものを選びましょう。

1つのケースの何十匹もまとめて販売しているお店のカブトムシは、ケンカして体力を消耗していることが多いです。

そのようなカブトムシは、買ってもすぐに死んでしまいます。

特にオス同士はケンカしやすく、要注意です。

当サイトの管理人の体験談

実際、僕が1つのケースにまとめて入れて販売しているホームセンターでカブトムシのオスを買ったところ、全て1週間以内に死んでしまいました。

 

ひどいときは、3日で死にました。

 

1つのケースにカブトムシをまとめて入れて販売しているホームセンタ

 

そこで、個別のケースに入れて販売しているホームセンターに替えてみたところ、カブトムシたちは夏のシーズンを終えるまで生き続けました^^

 

個別のケースにカブトムシを入れて販売しているホームセンター

カブトムシは、個別のケースに入れて販売しているものを選ぶようにして下さい。

そして、購入後は、なるべく早く自宅に持ち帰りましょう。移動に時間がかかるほど、カブトムシの負担は増えていきます

寄り道をして暑い車内にカブトムシを置いておくのは、くれぐれもやめて下さいね。カブトムシが死んでしまう可能性が高いです。

カブトムシは早く自宅へ持ち帰り、飼育ケースに入れて落ち着かせてあげて下さい。

なお、実店舗には、カブトムシを販売しているか、問い合わせをしてから行くと良いです。

お店によっては、カブトムシを扱っていなかったり、在庫切れだったりすることがあります。

事前に確認しておけば、無駄足を踏まずに済みますよ。

また、入荷日も確認して行けば、若くて活きの良いカブトムシが見つかる可能性が高いです。

ネットショップでカブトムシを購入するときの注意点

ネットショップでカブトムシを購入するときは、次の3つに気をつけて下さい。

ネットショップでカブトムシを購入するときの注意点

・死着補償を確認しよう

・カスタマーレビューをチェックしよう

・配達は、確実に受け取れる日時を指定しよう

ネットショップでカブトムシを購入するときは、まず、死着補償を確認しましょう。

死着補償とは、届いたカブトムシが死んでいた場合に受けられる補償のことです。

残念ながら、大抵のショップには、死着補償がありません。補償があるとしても、カブトムシが届いた当日のみです。

納得のいく買い物をするため、あらかじめ死着補償について確認しておきましょう。

チェックしておきたいのが「カスタマーレビュー」です。

カスタマーレビューとは、商品をすでに購入した人の評価・感想のこと。

カスタマーレビューを読むことで、「元気なカブトムシが無事に届くかどうか」といった不安を解消できます。

例えば、Amazonでは、商品ごとにカスタマーレビューを掲載しています。

Amazonでは、カスタマーレビューについて、次のように定めています。

カスタマーレビューでは、他のお客様からの商品に対する率直な評価を閲覧することができます。当サイトでは、評価のよい悪いにかかわらず、お客様の商品に対するありとあらゆるご意見やご感想を集めています。その一方で、レビューが宣伝や販促の目的で利用されることのないよう、防止に努めています。カスタマーレビューを見れば、商品についての理解がより深まりますし、「おすすめ度」の高低の理由もわかりますので、購入するべきかどうかの判断の手掛かりになります。(引用:Amazon)

参考までに、Amazonで扱っているカブトムシの幼虫を載せておきますね。「レビューをチェックする」をタップすると、Amazonのカスタマーレビューを確認できますよ。

アクアノースビーチ
¥1,082 (2021/11/28 23:02:12時点 Amazon調べ-詳細)

このように、Amazonでは、カスタマーレビューを通して商品に関するリアルな情報を得ることができます。

カスタマーレビューをしっかり読んで、信頼できるショップかどうかを見極めてから、カブトムシの購入を決めて下さい。

また、確実に受け取れる日時にカブトムシを配達してもらうことも重要なポイントです。

気温によって梱包材に保冷剤やカイロをつけてくれるショップもあるとはいえ、輸送にかかる時間は短いほど良いです。

配達は、確実に受け取れる日時を指定しましょう。

なお、ショップによっては、ページ上にカブトムシの孵化日または羽化日を記載している場合があります。

孵化日とは、カブトムシの卵が孵った日のことです。羽化日とは、カブトムシの蛹が成虫になった日のことをいいます。

活きの良いカブトムシを手に入れるには、孵化または羽化日をチェックして、若い個体を選ぶようにするのがベストです。

記載がない場合は、ショップに問い合わせるか、注文の備考欄で希望を伝えても良いでしょう。

元気なカブトムシを手に入れるため、購入するときは、これらの点に気をつけて下さい。

カブトムシは、オークションやフリマサイト、イベントでも手に入る

カブトムシを激安または無料で手に入れたいなら、次の方法がおすすめです。

カブトムシを激安または無料で手に入れる方法

・ヤフオクなどのネットオークションを利用する

・ジモティーといったフリーマーケットサイト(以下、フリマサイト)の利用する

・子供向けの夏休みイベントへの参加する

オークションやフリマであれば、カブトムシの成虫1匹につき600円前後、幼虫1匹あたり最安50円以下で購入できます。

実店舗やネットショップで買うより、断然安いですね。

子供向けのイベントに参加すれば、カブトムシを無料でもらえることもあります

ただ、オークションやイベントの場合、確実にカブトムシが手に入る保証はありません。

オークションでカブトムシを手に入れるには、当然ながら落札が必要です。

イベントの場合は、カブトムシをもらえるかどうかは運次第。

カブトムシは、くじ引きやビンゴ大会の景品になっていることが多いです。

当サイトの管理人の体験談

例えば、僕たち親子が毎年行くイベントでは、カブトムシはビンゴ大会の景品になっています。

 

ビンゴ大会に参加するには、クイズラリーで全問正解しなければなりません。

 

僕たち親子が今までにビンゴ大会でカブトムシをもらえたのは、5回中2回です。

 

カブトムシをもらえた年は最高、もらえなかった年は最悪です^^;

 

親としては、我が子の悲しそうな顔は見たくないですよね…。

 

息子が毎年「行く!」と言うので、参加してはいますが。

 

夏休みの子供向けのイベント

 

出典:石川県金沢市北部公園・都市緑化植物園の公式WEBサイト

カブトムシを確実に手に入れたいなら、やはり実店舗かネットショップの利用がおすすめです。

また、オークションやフリマサイトの場合、カブトムシを梱包するのは「一般の人」であることも頭に入れておいて下さい。

梱包が悪ければ、輸送の途中でカブトムシが死んだり、脱走したりすることもあり得ます。

カブトムシは、プロに梱包してもらった方が安心です。

確実でなくても、激安または無料でカブトムシを手に入れたいなら、ネットオークションやフリマサイトの利用、子供向けのイベントへの参加を試してみると良いでしょう。

まとめ

このページでは、カブトムシを販売しているお店の選び方と購入するときの注意点を解説しました。

カブトムシは、ホームセンターなどの実店舗やネットショップで購入できます。

実際にカブトムシを見て選びたいなら実店舗、手軽に手に入れたいならネットショップを選んで下さいね。

実店舗でカブトムシを買うときは、1匹ずつ、またはペアで1つのケースに入れて販売しているお店がおすすめです。

活きの良いカブトムシを選び、なるべく早く自宅へ連れ帰りましょう。

ネットショップでカブトムシを買うときは、死着補償やカスタマーレビューをしっかりチェックして、確実に受け取れる日時で配達を依頼して下さい。

カブトムシを安く、または無料で手に入れたいなら、ネットオークションやフリマサイトを利用したり、子供向けのイベントに参加したりしてみるのもおすすめです。